脳梗塞

脳梗塞で倒れてしまう人も多いので、もしそんな気配がしたらじゅうぶんに気をつけていただきたいです。
では気配とは何か?
どんな前兆があるのか、ですが。

脳梗塞の典型的な症状には、意識障害、片麻痺かたまひ片方の手足の麻痺。
時には片側の手あるいは足だけ動かなくなる単麻痺もあります。

脳梗塞のほとんどは、突然の発作にはじまり、病状が急速に進んで数分から数時間で脳の組織が壊死してしまいます。

脳梗塞で身体が動かせなくなると、様々な合併症も現れます。
嚥下がうまくできなくなる誤嚥での肺炎や、身体を自分で動かせないので、
長時間同じ姿勢で横になっていることによる床ズレができたり、
自由に脚を動かすことができないので、ソケイ部の奥の静脈に、深部静脈血栓症を起こしたりします。 

誰もが自分だけは関係ないと思ってしまいがちですが、
明日は我が身と思っていなければいけません。
それだけ脳梗塞を起こす人が増えてきているということですね。

食事も大事ですが、まずはどんな病気なのか、を知ることも大事なのです。

あ、 軽い運動もしましょうね!

このブログ記事について

このページは、れなが2017年4月 1日 01:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あらいぐま」です。

次のブログ記事は「サイレンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。