ペットは大切な家族

最近私の散歩仲間のお友達の犬が亡くなりました。

彼女とは犬の散歩で出会ってから次第に仲良くなったんだけど少し前から彼女のわんちゃんが病気であることを打ち明けられていたんだよね。

それも治ることのない病気...。

すでに余命宣告を受けたよりも長く生きていてくれているから奇跡が起きたんじゃないか...助かるんじゃないか...そんな風にわずかな希望を持っていたりもしたんだけど残念ながらそうはいきませんでした。

私は看護師という仕事を自宅に飼っている犬たちの笑顔で続けられている。

ストレスたまっていても家に帰って愛犬たちの出迎えを受けると疲れも何もどこかへ消えていく感じなんです。

だから愛犬家の気持はよくわかる。

今彼女がどれだけ悲しみの中にいるのか...。

正直、かけてあげる言葉が見つかりません。やっぱり月日が経つのをただじっと

待っていることしか出来ないのかもしれませんね。

 

このブログ記事について

このページは、れなが2013年5月 5日 02:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットがいるから成り立つ看護師の仕事」です。

次のブログ記事は「家族にかかる医療費...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。